岡山県立大学保健福祉学部
現代福祉学科
村社 卓 研究室

研究テーマ

 村社 卓研究室における研究のキーワードは、フィールドワークとソーシャルワークです。ソーシャルワーク実践におけるフィールドワークの活用です。
 この間、私は「知的障害者の就労支援」「ケアマネジメント」「高齢者ボランティア」の領域でフィールドワークによる調査・研究をしてきました。フィールドワークは時間がかかるため、「野良仕事」に例えられることもあります。でも、その成果は大きいものがあります。フィールドワークは、人間のやりとりを明らかにするうえで、有効な調査方法なのだと思います。
 一方、私は大学でソーシャルワークを教えてきました。ソーシャルワークとは「相談援助による生活支援」のことです。対象者のニーズを明らかにして、必要ならばそれを福祉サービス等に結びつけるところに特徴があります。
 フィールドワークとソーシャルワーク。対象者との良好な関係形成が求められるなど、共通点は多いです。でも、その関係にはまだまだ謎が多く、様々な発見に日々ワクワクしながら研究・教育を続けています。

 村社研究室では、定性的(質的)研究法を用いたソーシャルワーク実践の研究を行ってきました。現在、私自身、高齢者のボランティア活動における「楽しさの共有」について研究を進めています。
 高齢者の孤立予防については、高齢者の孤立(独)死が大きな社会問題となるなかで、ソーシャルワークによる体系的な支援システムはほとんど開発されていません。高齢者の孤立予防に向けて、専門職と高齢者を「つなぐ」ボランティアの役割は重要です。しかし、ボランティア活動の継続は困難であり、継続のためには、ボランティア活動における「楽しさの共有」が必要となるのです。

 本研究では、高齢者の孤立問題に対応する予防的対策について、ソーシャルワーク領域からの知見が期待できます。その研究成果は、高齢者の孤立(独)死を未然に防ぐ上でのソーシャルワークの役割を明示するだけでなく、今後の地域福祉の展開、国の政策決定にとっても独自の基礎資料となるものです。

 そして、コロナ禍により、国家が国民に「ひきこもること」を半ば強制する状況において、それは「高齢者の孤立予防」の思想と行動にどのような影響を与えているのか?「高齢者の孤立予防」に関わるソーシャルワーク実践について、調査・研究を続けていきたいと思います。
 引き続き、ご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。

PAGE TOP